2011年02月21日

内見の旅(成増・鶴見)

なにかひとつ記事を飛ばしたな・・・と思ったら。

2月の頭に、成増物件に内見行ってました。
ので、それも含めて記事にしておきます。


築古の3LDK+1Kx3ということで、価格も希望地帯!
リフォーム500万要ってことで覚悟して観に行きました。
駅から徒歩10分、家賃安くしても勝負できるかな?なんて期待しつつ。

内装がボロいことは覚悟していて、1F(3LDK部分)は
まぁ想定の範囲内とソロバンを弾きつつ・・・

でも2Fが。内装はそれなりでしたが、躯体を横断するようにヒビが
見つかりまして。構造上、かなりイってるかな・・・と。
あ、あとタイル貼りのお風呂に+便器がある(昔のユニットバス!?)には
驚きましたたらーっ(汗)

雨漏りはなかったんですが 躯体のダメージと、高台の巨大擁壁の補修を考えて
収支的にちとムリかなと思い 撤退することにしました。

躯体とか擁壁の修理費の感覚をあまり精緻に持ってないので、
古い物件を見るときの課題です。。。



そして直近の土曜日は、鶴見の駅近物件を見てきました。
徒歩3分とか、今までにない好立地。

店舗つき住居で、200u超。そして借地権。
写真から場所は突き止めていて、事前に外観はチェック済み。
正式に?じっくりと眺めましたが、やはり築古の割にはかなり状態がよかった。

自宅にしようとしていた4LDK部分は、問題なく。
トップライトもキレイで、和室も趣きのある作り(壁に細工があるやつ・・・名前わからず)
になっていました。

しかし3LDK部分、こちがら結構手間がかかりそうでした。
2Fのバスルームから水漏れ。築25年タイル作りの風呂ですから、
やはりどこからから・・・のようです。大変勉強になります!
水で穴もあいてるし、構造主要部である鉄骨の位置にもシミが広がっているので
これも大ダメージだな。。。もうやだ〜(悲しい顔)と。

店舗部分は、あまり見極めがよくわかりませんが
雨漏り・カビのようなものはなく 構造的な問題はなさそうと判断。


で、このくらいのダメージを想定した指値をしていましたが通らず。
自宅部分も1/2ないため(販売チラシが間違っていました。
登記簿見てわかったすよ。。。プンスカ)スルガしか使えず。


立地と2Fは良いので、なんとか活かせる方法を検討中です。



とか考えつつも定例の物件巡回をしていたら、
また4つ位対象物件見つけてしまいましたグッド(上向き矢印)

別の方向も並行して検討中デス!
posted by ちくりん at 00:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。