2010年01月09日

イザというときにはお世話になります

昨日、家のノートパソコンが落下により一部破損してしまいました・・・
フタと本体をつなぐ蝶番のパーツが割れてしまったのであります。
パソコンの機能としては支障は無いので、ケーブルが切れないよう
養生テープで辛うじて補強、だましだまし使うことにしましたるんるん

話し変わって。
大家業をする上で、避けようが無いリスク。
賃借人の「普通じゃない亡くなり方」。

最近は、時代の流れもあり硫化水素とか、孤独死とか、いろいろありますねがく〜(落胆した顔)

ニュースで見ているうちは、なんだか他人事ですが
大家するなら、一応は念頭においておかないといけないこと。

そういう現場のお掃除をお願いできる業者さんのブログ、特殊清掃「戦う男たち」
大家を考える前に読んでたときは、人がどうなっちゃうのかとか
連帯保証人と大家の人間模様とかにぞっとしたり、もしつつ。
自分のときは、大家として、しっかり予防・発生後対応したいと思いました。
【関連する記事】
posted by ちくりん at 10:00| Comment(2) | 管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の家に引っ越すときに,不動産屋さんと賃貸物件をあちこち探していたときのこと。不動産屋さんが車を止めるために駐車場の使って良い番号を大家さんに電話して確認したんだけど,その時「え?そうなんですか?」という声が。
何かと思ったら「このマンションが建つ前のことらしいんですが,この場所で投身自殺があったそうです」という情報。「知った以上はお伝えする義務が有りますので」と不動産屋さん。
気にする気にしない以前に,改めて言われるとちょっとねぇ。そうじゃないところと比較できるなら,そうじゃないところにするよねぇ。
ちなみにその物件。同じビルにホテルも入ってるんですが・・・。
Posted by watabow at 2010年01月11日 01:02
不動産屋も、後でわかるといろいろ問題だから伝えているのでしょうね〜。

その部屋そのもので事故があった場合は、重要説明事項に含まれるというのが通例のようです。
その分安ければ気にしない、という人もいますので、、、

しかし、ホテルと賃貸物件が一緒とは、なかなか豪華なビルでしたね(^o^)
Posted by ちくりん at 2010年01月11日 08:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。