2011年10月10日

RC一棟投資系の真実

いつもながら、ご無沙汰な更新。

ここ1ヶ月の大家系?活動では、こんな感じ。
・山形RC物件発見、M不動産と接触
・○ルガ銀行に融資打診
・○MBCに融資打診
・山形S造物件の紹介あるも、販売中止
・RC建築の本読破
・ビジネス実務法務検定2級の勉強開始
・恵比寿Iさんの教材学習
・山○信金さんの融資方針ヒア
・3割引指値指南の教材購入
・異業種交流会@表参道


まず○MBCはダメもとでイッてみましたが、やはり
頭金3割、さらに関東在住者には山形物件は不可!という
想像以上に厳しいお答え。
今は全然お話にならず、転進です、、、

○ルガからは、1週間立ちますが、音沙汰なし、、、



そしてRC一棟の情報収集しながら
詳細情報をもとに収支シミュレーションしてわかったこと。

相当な利回りを確保しないと、
RCは収益でない

1億くらいの物件でも、経費率って半端なく高い(3割近く)。
EVやら水道光熱費に加え、圧倒的な建物の固都税。
管理費も加えたら、凄い金額です。

シミュレーションしてみて 成功している大家さんの事例は
きっとここらへんが鍵なんだろうと感じました、、、
・減価償却費が多く取れる中古(築20年前後)
・満室経営(平均95%とか)
・経費の少ない物件(EVなし)
・圧倒的な利回り(表面20%超)


今まで買った教材の
・光速投資
・地方プレミアム投資
・間違いだらけの不動産投資
を見なおしてみて。
あらためて 名作「光速投資」の深さを知りました。
陳腐化した情報・ノウハウもあったけれど、
普遍的なノウハウも数多く含まれていました、、、

(間違いだらけの不動産投資では、地方RCはフルローン前提でしたが
 1棟目の人にフツーにフルだす金融機関ってどこやねん!とツッコミたくなり)


光速投資流に銀行ヒアリングを進めて、
いい反応がありそうであったら
面談+現地調査に臨みたいと思っています。



posted by ちくりん at 09:16| 神奈川 🌁| Comment(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。